top-image画像

カナダ 求人を探すなら

カナダは広大な自然と天然資源、ハイテク産業の先進国でもあり、日本人ビジネスマンが海外で働いてみたいと思う国の上位に位置する事が多い。現在カナダの失業率は7%台となっておりあえて日本人を必要とする職種でなければカナダ企業の求人は見つける事が難しいと言える。比較的求人がみつかりやすいのはカナダに進出しているか、関連会社がカナダにある日本企業のほうだろう。

カナダで就職したい人も、日本から駐在員としての求人を探している人も、人材紹介会社を活用して転職活動を進めていく事がスタートになる。当サイトではカナダの求人を探すのに使える専門の転職サイトをナビ、またカナダの経済に関するアレコレをまとめている。

人材紹介会社のおすすめはココ

カナダで働こうと思ったら就労ビザの課題があるため、いきなり「カナダで働かせてください」というわけにはいかない。

基本的には一定の専門スキル保有者か管理職などに限られるため日本ないしは海外でキャリアを重ねた転職者のみがビザ取得の条件となることが殆どとなっている。(ある程度の融通がきく場合もある)

当然、人材紹介会社を使う場合は経験している職種、業界で探してもらうように進めて行くと良い。タイミングよく求人が出ていれば提案してくれるし、自分の業界の求人が無くても検索して探してくれたり、求人が出たタイミングで連絡をもらうことも可能だ。

【日本人向け】代表的な海外転職に向いている人材紹介会社を掲載しているのでうまく活用してみて欲しい。

  1. リクルートエージェント

    リクルートのサービスの1つで海外転職専門のアドバイザーが在籍している。海外が初めての人もベテランの人も支援を受けることが可能だ。

    特に日系企業でカナダ駐在を目指したい場合などに力を発揮する。最も求人数と取り扱い企業数が多いので数をカバーする事もできるし、リクAの企業力、コンサル力を借りて人生にとって有意義な転職が可能となる。

  2. インテリジェンスDODA

    こちらはリクルートに次ぐ求人数と企業数を取り扱っている。一般的には人材紹介サイトはいくつか掛け持ちして自分に合うものを使っていったり、幅広く情報を収集することが数少ないカナダの求人を手にするチャンスを広げる事になる。リクルートと併せて使っていくとよいだろう。

  3. パソナワールドジョブ

    派遣で有名なパソナだが、世界規模での展開もしている。特にアメリカやカナダでのジョブフェア-などお役立ち情報も取り扱っている事があるのでマメにチェックしておくのがお勧め。近年サイトが休止になったもよう。

どんな業界や職種が求人が多いだろうか

カナダの求人を探す場合に出ている業界に偏りが見られるのは仕方がないことだろう。例えば銀行、保険などの金融業界、それからハイテク関連の製造業、自動車業界、そして貿易商社は日本企業やグループ会社が多数カナダに設立されており、これらの経歴があるビジネスマンは求人が見つけやすいと思う。営業職、IT関連職はどの業界でも必要とされているし、ニッチなところでは旅行・観光業界など日本人を相手にした会社での求人もタイミングによっては増えることもある。

カナダ国内ではIT、バイオテクノロジー、航空宇宙産業などに力を入れ投資を行っている段階なので特定の知識やスキルを持つ専門家であればこういった業界での門戸も開けるかもしれない。ただし国内の雇用は守られるような制度になっているのでよほど専門的知識を持っているか日本人である特性が活かされると認識されないと現地で雇ってもらう事は難しいだろう。これからのカナダ産業全体に関わっていくだけに注視していきたい業界といえる。

このページの先頭へ

セザール賞