top-image画像

カナダで家電を使う方法

国内旅行では当たり前のように家電を持参して滞在地で使用している。ただ海外旅行となると事情は別。電圧やコンセントの事情でそのまま使えないことも多いのだ。とくに留学や就労などで一定期間滞在する場合にはこの点をよく把握しておかないと新生活を始める際に困惑することになる。

ただ日本人にとってカナダは家電の利用においてはそれほど注意が必要な国ではないかもしれない。理由はコンセントの形が同じだから。Aタイプと呼ばれる例の二股に分かれているタイプだ。つまり日本の家電をそのままコンセントに挿すことができるのだ。国によっては異なる型のコンセントが使用されていることもあり、その場合には変換器を通さなければならない。

しかし、日本の家電を何の問題もなくそのまま使えるというわけではない。電圧の問題がある。カナダの電圧は110~120Vに設定されており、日本よりもやや高くなっている。そのため、持ち込んだ家電がこの電圧に対応しているかどうかで使う方法が異なってくる。家電の中でも携帯電話やデジカメ、ノートパソコンの充電器などは240Vまで対応しているものが多く、そのままコンセントに挿しこんで使用することができる。問題なのは電圧が対応していない場合。ドライヤーなど日常生活で使用する家電によく見られる。その場合は電圧変圧器を使用しなければならない。カナダ国内で入手することも可能だが、念のために日本で用意しておいた方が良いかもしれない。また持ち込む家電の電圧を確認したうえで選ぶのもひとつの対策だ。

このページの先頭へ

セザール賞