top-image画像

カナダで生活・仕事するのに必要な語学力

海外で生活を送るためには語学力が必要だ。語学力を身につけるために海外留学を目指している人も多いはず。カナダは留学先としても就労先としても人気の高い国だ。ではこの国で生活や仕事をこなしていくためにはどの程度の語学力が必要なのだろうか。

まず絶対条件となるのが英語能力。当たり前だが、英語で読み書きができ、話ができなければならない。カナダに限った話ではないが、日本以上に自分の意見をしっかりと相手に伝える必要があるため、「話す能力」が求められるだろう。またビジネスの場合には「書く」能力も不可欠だ。日本のビジネスの仕組みとの違いなどを説明できる論理的な語学力も求められる。

目安としてはTOEIC800~860点程度は必要だとされている。決して低いハードルではないが、何も最初からこれだけの語学力を身につけていなければならない、というわけではない。

仕事の内容にもよるが、最初はきちんと聞き取れ、最低限の会話が可能なレベルでも十分やっていけるだろう。仕事の中での専門的な用語は都度調べて身につけなくてはいけない。

留学の場合はとくに生活を送りながら身につけていく面が大きいわけだから、高校卒業程度の語学力でも十分だろう。もちろん、留学生活中は毎日語学の習得に励む必要があるが。

やる気があればカナダで生活・仕事するのに必要な語学力は半年もあれば十分に身につくだろう。日本語が通じる環境だけで生活を成り立たせない、できるだけ自分で英語を使う機会を求めるといった姿勢も重要になりそうだ。逆に言えばいくら語学力に優れていても実践で使うことができなければその能力は「宝の持ち腐れ」となる。

このページの先頭へ

セザール賞