top-image画像

日本人が過ごしやすい街、多い街とは

カナダで日本人が最も多く住んでいるのが、バンクーバーです。その理由は、外国人居住区が多く、日本人に対する偏見が少ない地域だからです。しかしながら、バンクーバーのかつての日本人居住区として知られていたパウエル地区は、治安の悪化から日本人は住んでおらず、住む場所としては向いていません。ちなみに、バンクーバーには補習授業校が設置されています。諸外国の日本人学校のように規模は大きくはありませんが、日本人向けの義務教育が施されています。

モントリオールには、日系企業の駐在員が暮らす地域があり、日本人向けの補習授業校も設置されています。モントリオールの治安が比較的良好なこともあり、日本人もそこを選んで居住しています。日本の総領事館があり、万が一の時にも助けになってくれるため、安心して暮らせる地域です。ケベック州は、フランス語が公用語ですので、英語に加えてフランス語会話を習得するようにしておくとより生活を楽しめます。

トロントは、カナダでも日本人が多く暮らしている地域として知られています。日本人向けの商店もあり、駐在員向けに補習授業校が設置されています。トロントを含むオンタリオ州には、日本人の家族が多く居住しており、比較的住みやすい地域として人気があります。カナダは、隣国のアメリカと比較すると日本人の駐在員が少ないため、日本人学校は設置されていません。そのため、現地の日本人の子どもは、地元の学校に通いながら補習授業校での日本人向けの教育を受けています。

このページの先頭へ

セザール賞