top-image画像

駐在員としてカナダで働く!

日系企業の駐在員としてカナダに赴任するケースは珍しいものではない。とくに軽工業や重工業、金融業ではよく見られるケースだ。では日本からカナダへの駐在員としての赴任を希望する場合にはどのような方法があるのだろうか。

まずカナダに進出している企業に勤めているかどうかで大きく分かれる。努めている場合には異動願いなどで駐在員を希望すればよい。もちろんその希望が受け入れられるかどうかは未知数だが、もっとも簡単にチャンスをつかめる方法なのは間違いないだろう。

転職する、求人を探す方法

もっとストレートにチャンスを獲得したい場合には駐在員を募集している求人に応募するのが1番の近道だ。そのためにはいかに効率よく求人情報を入手できるかが鍵となる。

海外赴任の求人をより多く扱っている転職支援サイトなどを利用するとよいだろう。求人の数はそれほど多いわけではないため、チャンスを逃さないために情報収集を頻繁に行っておこう。

この場合、リクルートエージェントを活用するのが効果が期待できる。無料登録でカナダ勤務ができる企業の情報を収集してもらえるので上手に使いたい。

また、駐在員の場合、一般企業だけでなくNPO法人という選択肢もある。この場合求人サイトでは募集が掲載されていないことが多いため、NPO法人の公式サイトなどで直接情報を入手する方法が求められる。

就労の条件

日本からカナダへ赴任する場合には就労許可証を得る必要がある。これには条件が課されており、カナダ国外の企業から国内の関連会社へ一定期間転任すること、許可申請前の過去3年間に最低1年以上、カナダ国外にある当該企業で類似のポジションで勤務していること、あるいは企業の管理職、専門職、経営責任者であることといった内容だ。

つまり、一般職の場合、カナダに進出している日系企業に就職していきなり駐在員として赴任されるケースはない、ということになる。最低でも就職後1年間は国内で働いた後での赴任となるわけだ。自分がどんな職種なのかを把握しておくことも大事だ。ただ、この条件は厳密なものではなく、査証審査官の裁量で決められることも多い。

このように、日本からカナダへ赴任する場合にはあらかじめ準備をし、いくつかの条件をクリアする必要がある。よく踏まえておきたい。

このページの先頭へ

セザール賞