top-image画像

給料や福利厚生がめあてではありませんが

カナダで駐在員として勤務する人はグローバルに通用する人材なので、給与水準は日本の給与水準が適用されるため、高い報酬を得られる場合が少なくありません。

海外赴任手当などの諸手当が加算されるため、年収も日本にいる時よりも多くなるケースがほとんどです。

具体的な例をあげると、メーカー勤務で年俸800万円から1000万円、エンジニアの場合はボーナス込みで年俸900万円から1200万円、商社の駐在員であれば年俸が日本円で1500万円から2000万円です。

管理職の場合、年俸に50万円から100万円が加算されます。

福利厚生は

グローバル人材

福利厚生制度は、日本のものが適用されます。カナダとの協定により、両国の年金制度に二重に加入するのではなく、日本の年金制度にそのまま加入することができます。

通常、カナダで生活するようになるとカナダで定める年金などの社会保障制度に加入するよう求められますが、駐在員の場合にはカナダにいながら日本の年金に加入できるというメリットがあります。

万一のことがあった場合には、カナダに住む家族が日本の社会保障の恩恵を受けられます。

駐在員向けにユニークな福利厚生制度を採用している企業もあります。

たとえば、日本食材や日本の雑誌、書籍などの配達サービスを導入している会社があります。

現地の生活では、日本食材を手に入れたり日本の本や雑誌などを購入したりすることが大変な時があります。

しかし、この制度を導入している企業の場合、駐在員向けに無償でこのサービスを提供しているケースがあります。

このページの先頭へ

セザール賞