top-image画像

NPO関係の求人、給料

カナダの多くの人がボランティア活動に携わった経験があり、ボランティアの面で先進国と言えます。そのため、国籍を問わずNPO法人などで、ボランティアの募集をよく見かけます。ボランティアの種類や働く内容にはバリエーションがあるので、自分に合ったものや条件が合うものを丁寧に探すことが必要です。

ボランティアの種類としては、医療関係や福祉関係のものが多くあります。この分野ではインターンシップのような形を取ることもあり、学生や日本企業と提携している団体などからの招待もあります。

医療上の経験や資格がある人はさらに優遇されていろいろなところで働くことができますし、教育機関での仕事もあります。また、純粋に仕事というよりは北米の進んだ福祉システムを学ぶために、NPO団体を通じて現場に入るということもあるでしょう。その際には、1カ所の病院や施設だけでなく、いくつものところを周り、経験を深めることができます。

またカナダで多いのは自然環境保護に関するボランティアです。エネルギー資源が豊かな国であるため、その保護には大きな関心を国全体が寄せています。そのため、ボランティアの数も多く業種も様々です。

こうしたボランティアは有償のものもありますが、必要経費だけ賄われその他は無償というものが多くなります。団体によって、またプロジェクトによっていろいろ違いがありますので、自分の希望する業種と年収やビザの関係などを事前によく調べて求人に応募すると良いでしょう。

このページの先頭へ

セザール賞