top-image画像

日系企業の求人が多い業界を知る!

日本経済にとってカナダは非常に重要な国だ。カナダそのものの魅力はもちろん、アメリカ合衆国との緊密なつながりも大きな魅力となる。そのため日系企業の進出も多く、さまざまな企業が現地に関連会社を設立し、駐在員を派遣している。これからカナダの求人を探そうと思ってるなら現地にある日系企業を研究しておいても損はない。

金融業界

ではカナダにはどのような日系企業があるのだろうか。まずは金融部門。カナダでは金融やIT産業といったビジネス部門のサービス業の振興を積極的に行っている。その影響もあってか金融機関の進出も目立つ。

主だったところでは東京三菱UFJ銀行、明治生命保険、三井住友銀行、東京会場火災保険、損害保険ジャパン、日本興亜損害保険、みずほ銀行など。よく知られた日本の金融機関や保険会社が進出しているのが窺える。

製造業

それからメーカー系。カナダは工業生産の拠点としての一面も持っている。最大規模のIBMの工場があるのも有名だ。

日本もこの分野において積極的な進出を行っており、キヤノン、フジフイルム、コニカ、京セラ、ニコン、デノン、富士通、エプソン、日立、ケンウッド、パイオニアなど数多くの企業が進出している。

自動車業界

工業では重工業、とくに自動車関連を別に取り上げておいたほうがよいだろう。日本経済ともっともかかわりが深い分野だからだ。

トヨタ、ホンダ、カワサキ、日産、スパル、スズキ、ヤマハなどが進出している。ホンダやトヨタは複数の会社を設立し、積極的な活動を行っているのが特徴だ。

商社・貿易・サービス

これだけ見てもカナダにはじつに数多くの日系企業が進出していることが窺える。これらのほかにも三井物産や三菱、丸紅、住友といった貿易・サービス関連の企業の進出も忘れてはならないだろう。

トヨタなどは自動車のみならず金融やサービス業においても進出し関連会社を設立している。もともとカナダはサービス業がGDPの大半を占める国だけに、この方面への日系企業の進出が今後ますます増えていくことも予想される。

経済のグローバル化が進み、また天然資源への依存度が高かったカナダ経済の構造が変化しているなか、日本企業との結びつきもますます強くなっていくのではないだろうか。


日系企業の求人をリサーチしてカナダへの勤務を考えているなら、海外専門の人材紹介サービスに登録して求人を探すのが無難。

 

カナダ日系企業 関連記事

このページの先頭へ

セザール賞