top-image画像

やっぱりカナダ!現地就職するには?

日系企業の従業員としてカナダへ赴任するのではなく、現地企業に就職したい場合には求人活動の段階からいろいろと準備をする必要がある。これからカナダへ赴いて現地企業への就職を目指す場合には日本にいる段階で就職活動を行っておく必要もある。

仕事の探し方

求人情報を探す場合には人材紹介会社を利用した方がよいだろう。一般求人サイトでは海外企業の募集を見つけることは難しいからだ。人材紹介会社の中には海外からの求人に強いところもあるため、そういったところを探してうまく活用するようにしよう。

日本人にも使いやすく北米に実績があるパソナワールドジョブという会社があったのだが、最近ホームページが停止されている様子なので、他のサービスをご自身で探してもらいたい。

語学力

就職する方法以前に条件も重要だ。まず語学力。当然英語が使えなければ話にならない。それも日常会話レベルではなく、ビジネス会話、そして取引相手など社外との交渉に対応できるレベルが求められる。

さらに「話せる」だけでなく「書ける」能力も備えておいた方がよい。それなりに高いレベルが前提条件となるだろう。

日本人が必要とされるポジション

それから現地企業は日本人にどのような面を求めているのか。郷に入れば郷に従え、とよくいわれるが、現地採用においてはむしろ日本のビジネスの仕組みをどれだけ理解しているかが問われる傾向が見られる。

現地企業での採用とはいえ、日本人従業員は日系企業との関わりを重視されるからかもしれない。そのため日本でもビジネスマンとしての経験が問われることも多い。つまり、日本人ビジネスマンとしてのスキルと、国際的に活躍できる語学力の両方が求められるわけだ。

ビザ

最後に知っておかなければならないのがビザの問題。就職する場合には基本的に就労ビザを取得する必要がある。これは雇用主の許可が必要で、雇用主が地元の雇用センターに日本人雇用の申請を行い、許可が下りてはじめて取得することができる。これは採用が決まった後の話となるがあらかじめ知っておいて損はないだろう。

言葉の壁もあり、日本人がカナダの現地企業に採用されるのはなかなか難しい面もある。しかし門戸が閉ざされているわけではないため、やる気と努力次第ではいくらでもチャンスが得られる環境ともいえるだろう。

カナダ現地採用の求人を探す

カナダの現地企業(日系企業やカナダ企業、海外企業)への就職を目指すためにはまずは求人情報をリサーチすることからスタート。ネットの人材紹介サービスの活用、邦字紙、現地誌も有効に使える。

日本で使える人材紹介サービス経由で求人の提案をしてもらったり、面接からのコーディネートをしてもらうとスムーズに進む。面接は基本的にはカナダに渡航して観光ビザ中に何社か面接を実施してもらうように手配しておくことが必要。日系企業なら場合によっては電話面接や、日本国内での採用試験を受けるケースもある。

このページの先頭へ

セザール賞