top-image画像

日系企業じゃなくカナダ企業や外資で働く選択肢

カナダで生活する日本人の中には、日系企業以外の仕事に従事している人も多くいます。既に就労ビザを持ってる人が対象となる求人が多いです。

カナダ企業、外資の事例

たとえば、スーパーなどの流通系の仕事の場合、アメリカ資本の外資系スーパーや地元の企業で勤務できる可能性があります。収入は、月額1000カナダドル~1500カナダドルが平均的な相場です。社員向けの割引制度などが活用できるため、生活費を抑えることもできます。車で通勤できる店舗もありますので、ライフスタイルに合わせて仕事ができるというメリットがあります。

モントリオールやバンクーバーなどの大都市では、外資系のハウスクリーニングやビルメンテナンスなどの清掃関連の仕事に就いている日本人もいます。現地企業の採用が多く、きめの細かいサービスができる日本人は重宝されています。報酬は、月額1000カナダドル~2000カナダドルが相場で、将来は自分で起業するという道も開かれるため、将来性のある仕事として注目されています。

旅行エージェントも現地カナダ企業で日本人を採用するケースがあります。エージェントと契約を結びツアーコンダクターなどの仕事を請け負います。報酬は、時給120カナダドルほどで、年俸制を採用している場合もあります。主に、日本人をはじめとする外国人向けの仕事が中心です。日本語を生かした仕事ができるのも魅力です。

カナダでは外資系の求人の募集も良く見られます。自動車関係、IT関係、製造業などの各業界で事務系の募集があり、日本人も勤務している光景を見かけます。報酬は、年俸制で20000カナダドル以上を手にすることができます。

このページの先頭へ

セザール賞